トピックス TOPICS

No.5 インプラントを長持ちさせる為に定期検診を必ず受けましょう

こんにちは☀️
東岡崎ジョイ歯科です

インプラントを快適に使うためには、定期検診が欠かせません。
定期健診を受けることは、インプラントに関する様々なトラブルを回避するだけでなく、他の歯の健康を守ることになります。今回は、インプラント後の定期健診の重要性についてお話をしたいと思います。



☞治療後に起こりやすいトラブル

✔️インプラント歯周炎
歯周病に似た症状で、歯ぐきの腫れや出血を伴います。悪化すると膿が出る、歯槽骨の吸収が始まるなどの症状が起こり、インプラントがグラグラと揺れ始めて最終的に抜け落ちてしまうことがあります。
主な原因は、インプラントの周囲に付着したプラークです。口腔内の衛生状態が悪いと、食べかすに細菌が寄り付いてプラークを作り出します。

✔️人工歯が欠ける
上部構造は人工の歯のため虫歯になることはありません。
しかし噛み合わせが適切でない場合や歯ぎしり、食いしばりなど歯に大きく負担がかかる癖をお持ちの方は、上部構造が欠けてしまうことがあります。

☞インプラント治療後の定期健診の必要性とは

✔️インプラント歯周炎を始めとしたお口のトラブルを予防する為
治療後は、お口の中の衛生状態が非常に重要なポイントとなります。
ご家庭でのセルフケアはもちろん基本ですが、ご自身で汚れを完璧に落とすことは難しく、どうしても汚れが残ってしまいがちになります。ご自身では磨けたつもりであっても、粘りけのあるプラークや石灰化した歯石は歯科医院で専用の器具を使って、プロによるクリーニングで取り除く必要があります。

✔️噛み合わせに問題はないかどうかを確認するため
噛み合わせは少しずつ変化していきます。噛みあわせのバランスが悪いと、インプラント部分に負担がかかり、人工歯が欠けてしまう恐れがあります。それだけでなく、インプラント体と人工歯を繋ぐアバットメント部分が緩み、人工歯が外れるなどのトラブルを招く恐れがあります。
定期健診で噛み合わせが適切かどうかの確認は、とても重要です。

当院の定期検診では約30分程のお時間を頂き、

虫歯歯周病の検査
噛み合わせの確認
セルフケアのアドバイス(歯ブラシ、歯間ブラシ、フロスの正しい使い方など)
歯石取り、着色取り

を行います。

【費用】

また、定期検診は保険が適用される為、
検診の間隔にもよりますが、3割負担の場合は13000円ほどで受けることが出来ます。

【検診の間隔】

定期検診に通う頻度は患者様1人ひとりの
虫歯歯周病リスクの高さやお口の環境によって違いはありますが
16ヶ月に1です。

定期検診は必ず受けましょう

「特に問題なく使えているから」とそのままにしておくと、インプラント周囲炎などのトラブルを招く恐れがあります。
永く快適にインプラントを使うため、そしてお口の健康維持のためにも、定期健診は必ず受診するように心がけましょう。