トピックス TOPICS

むし歯治療について

なるべく痛くない治療

当院では、痛みが苦手という患者さんのために、麻酔を用いた治療を行っています。
麻酔を注入する際には、麻酔針を刺した時の痛みを軽減する表面麻酔を塗布し、圧力がかかりにくい麻酔器でゆっくりと注入していくことで、麻酔注入時の痛みも抑えています。
なるべく痛くない治療を心がけておりますので、「歯医者で痛い思いをして行きたくない」とお考えの方も一度ご相談ください。

なるべく削らない・抜かない治療

一度削ってしまった歯は、二度と元には戻りませんので、当院では削る歯の量を必要最小限に抑えるように心がけております。
悪い箇所だけを確実に削り、あまり進行していないむし歯に関しては、普段のブラッシングなどのケアによる経過観察で大丈夫かどうかをしっかりと見極めるなど、削るかどうかの判断も的確に行います。

メタルフリー治療

「金属アレルギーで悩まれている方」「銀歯の見た目が気になる方」などは、金属を使用しないメタルフリー治療をおすすめしています。
削った後は、通常銀歯と呼ばれる銀の詰め物や被せ物をしますが、金属を一切使用せず、見た目も天然の歯に近いセラミックを使用します。
金属アレルギーを心配する必要もなく見た目もキレイになりますので、ご興味ある方はご相談ください。