トピックス TOPICS

歯周病と全身疾患

歯周病は全身の疾患と
大きく関わりがあります

歯周病菌がお口から身体の中に入り込むことにより下記のような病気の原因になります。
歯周病になる前に予防しお口の中だけではなく全身が健康な状態でいられるようにしましょう。

脳梗塞 心筋梗塞・狭心症 糖尿病の悪化 骨粗しょう症 動脈硬化 誤嚥性肺炎 早産のリスク がん
心臓血管系疾

歯周病菌は歯ぐきから血管に侵入し、血栓を作ってしまいますので、歯周病にかかっている人は、かかっていない人に比べ、心臓血管疾患(心筋梗塞・動脈硬化・脳梗塞など)にかかりやすいと言われています。

呼吸器官系疾患

咳などによってお口の中の歯周病菌が気管に入り込み、肺に感染してしまうことで肺炎を引き起こす可能性があります。高齢者や寝たきりの方に多いので注意が必要です。

糖尿病

歯周病菌が歯ぐきから血管に侵入し、肝臓や脂肪細胞に作用して血糖値を下げる働きを持つインスリンの生成を抑制し、血糖値を上昇させてしまいます。

低体重児出産・早産

歯周病菌が妊娠中の方の体内に入り込むことにより、子宮周辺に出産時に似た筋肉の収縮を引き起こし、低体重児出産や早産の原因になる可能性があります。

消化器系疾患

歯周病菌は、胃炎や胃潰瘍などの症状を引き起こすピロリ菌に似た症状を引き起こすため、体内に入り込むことで消化器に悪影響を与えて腹痛や嘔吐、下痢などを引き起こすことがあります。