トピックス TOPICS

治療方法

レジン床義歯

保険適用の入れ歯です。歯茎と入れ歯が接する部分を床と呼びますが、素材がレジンでできているものをレジン床と呼びます。
レジン床は、プラスチック素材のため、強度を持たせるためやや厚く制作されます。
費用負担が少ないメリットがありますが、噛み心地が悪くなりやすい、食べ物の温度が感じにくい、がたつきやすくなる、といったデメリットもあります。

金属床義歯

保険適用外の入れ歯です。床の部分が金属でできており、レジン床に比べ薄く制作することができます。
そのため食べ物の温度が感じやすいというメリットがありますが、使用する金属によっては、アレルギー反応を起こす場合があります。

ノンクラスプデンチャー

保険適用外の部分入れ歯です。部分入れ歯には通常歯と入れ歯を固定するクラスプというばねが使用されます。
クラスプは金属製でアレルギーの方、経年劣化があるなどの課題がありましたが、ノンクラスプデンチャーは、クラスプがない構造となっており、アレルギー体質の方でも安心してご使用いただけます。
また、見た目にもクラスプがないためより自然な見た目を手に入れることができます。

インプラントオーバーデンチャー

入れ歯のがたつきや噛み心地を改善したい方におすすめなのが、インプラントオーバーデンチャーです。
まず、土台となるインプラントを顎骨に埋入し、入れ歯をインプラントで固定します。
顎骨と固定されることになりますので、通常の入れ歯に比べがたつきが少なく、強く噛めるというメリットがあります。