トピックス TOPICS

お母さんのお口の健康が
赤ちゃんに与える影響

赤ちゃんのお口は無菌状態

むし歯は感染症です。生まれたばかりの赤ちゃんのお口にはむし歯菌は存在しません。お母さんやご家族など周囲の大人がむし歯菌を保持していることにより、スキンシップやキス、食器の共有を介してむし歯菌が赤ちゃんに移ってしまいます。
お母さんは赤ちゃんの最も身近な存在のため、むし歯の感染経路になる可能性が最も高くなります。

お母さんのむし歯と

お子さんのむし歯リスク

2歳の段階でお母さんにむし歯があると、お子さんのむし歯発生率が圧倒的に高いことが分かっています。
お母さんのむし歯の有無はお子さんのむし歯リスクを上げてしまうため、日頃のお口のケアが重要になってきます。お母さんのお口の健康とお子さんがむし歯に感染しないためにも、妊娠中からこまめなケアや治療や予防にしっかり取り組みましょう。

妊娠中のセルフケア

起床後すぐのケア
就寝中は唾液の分泌量が減ってしまい細菌が繁殖しやすくなります。増えてしまった細菌を洗い流すためにも、起床後のうがいや歯みがきのケアが特に大切になります。就寝前や食後の歯みがきも欠かさないようにし、うがいや歯みがきでむし歯や口臭を予防しましょう。
無理せずこまめにうがい
つわりが辛く歯みがきができない場合は、無理に普段通りの歯みがきをせず、こまめにうがいをして口の中の汚れを洗い流すようにしましょう。フッ素入りの洗口剤を使用することで、口腔内の汚れを落とす効果が上がります。つわりが安定したら、起床後、食後、就寝前の歯みがきを心掛けましょう。
東岡崎ジョイ歯科
院長
⇒院長の経歴はこちら